What's New!! (新着情報)

2017年4月28日開催招福寄席を更新しました。詳しくは戎座招福寄席から。
2017年3月26日(日)に開催される 第4回 文化祭の案内を更新しました。詳しくは'文化祭から。
えびす座・座長の武地が兵庫県主催の「すごいすと」に登録されました!詳しくはこちらから。
2016年10月23日(日)開催の第10回 大道芸祭りの内容をアップしました。詳しくは大道芸祭りから。
2015年7月7日 ホームページをスマホ対応に変更しました。
戎座人形芝居館への問い合わせ住所ならびに電話番号、FAX番号が変更されています。詳しくはお問い合わせから。

天王寺で開催される「第21回 なにわ人形芝居フェスティバル」に出演します!

なにわ人形芝居フェスティバル

 4月2日(日)【1】11:00〜【2】12:30〜 
 会場:一心寺境内(開山堂) 
  (大阪市天王寺区逢坂2-6-13) 

 下寺町~茶臼山のお寺と神社を会場とする「なにわ人形芝居フェスティバル」は1996年に始まって、今年21回目をむかえます。
 坂と緑と社寺いっぱいのこのエリアは、大阪を代表する「風致地区」であるばかりでなく、古代の「四天王寺」、「難波の宮」、中世の「熊野参詣」、「日想観」、近世「大坂夏の陣」等の歴史の舞台となった大阪の歴史物語の中心地でもありました。
 歴史と文化のこのエリアに、今年は浄瑠璃人形のルーツといわれる西宮神社の「えびすかき」が初登場します。
※詳しくは、右の画像をクリック(タップ)すると、「なにわ人形芝居フェスティバル」ページにジャンプします。または、「こちら」からでもジャンプできます。



 「第4回 文化祭」を開催します!

文化祭

 3/26(日) 13時〜16時 
西宮神社(社務所) 入場無料

 地域の伝統芸能の継承と復活〜西宮の創造的復興を目指して

 戎座人形芝居館は、「ふっくらとした潤いのあるまち西宮」を目指し、人と人をつなぐことを命題にして活動しています。昔は、まちの芸能と文化の中心であった「西宮神社」。そこを拠点に、人形浄瑠璃の源流と言われる「えびすかき」の再興を基軸にして、地域伝統芸能の継承と創造的復活を試みています。
 主な活動は【1】次世代にまちの伝統芸能をつなぐ「西宮・浜脇のふるさとづくり」、【2】まちかどのコミュニケーションを取り戻す「大道芸祭り」、【3】日本の心を伝える「伝統芸能の継承・創造的復活の文化教室」です。
 この文化祭は、【3】の伝統芸能文化教室で取り組んだ一年の成果を発表するものです。さらに、今回は昨年に引き続いて、50年前に取り組み、現在は中断されている「西宮の獅子舞」の復活の可能性を探ります。
 この文化祭で発表するのは、小学生から80歳に至る老若男女。成果をご覧いただき拍手を送ってください。そして、「私も楽しみたい、チャレンジしたい」と参加者が増えますことを祈っております。

詳しくは文化祭から。

4月〜の上演案内

 えびすかき「えびす舞」

えびすかき「えびす舞」

毎月十日 11時頃〜
会場:西宮神社境内
毎月十日参りの日に上演いたします!(※)
人形芝居 えびす座

【お知らせ!】このたび、えびす座・座長の武地が負傷のため、当面の間、上演活動を見合わせていただきます。

 文楽や人形浄瑠璃のルーツである「えびすかき」の復活を目指し、このまちの伝統文化を掘り起こします。
 2013年より、会場を西宮神社境内に移して、毎月十日の「十日参り」の日に合わせて上演しています。
この他にも、いろいろな場所にて、えびすかき「えびす舞」を上演しています。

その他の上演スケジュールは上演案内からご覧ください。
また、以下のフェイスブックページからも、最新の活動状況を発信しています。


戎座招福寄席

笑福亭 喬介

 3/24(金) 19時〜 500円 
第4金曜は落語の日!
 笑う門には福来たる招福寄席!招福の本場、西宮神社(社務所2階大広間)にて毎月第4金曜日に開催しています!どうぞお楽しみに!
※会場には、「神社会館入口」の門からお入りください。
詳しくは戎座招福寄席から。

座長の武地が毎日新聞のコラムに掲載されました!

毎日新聞記事

 えびす座の座長の武地が、このたび毎日新聞(夕刊)に掲載されました。。
画面左側の「読む」を押すと、紹介ページが表示されます。
人形芝居えびす座」を立ち上げて活動する目的がまとめられています。香取記者さま、ありがとうございました。

★記事の内容は、右の画像をクリックするか、下記リンクからご参照ください。

 掲載記事

記事内容はこの下↓からダウンロードできます。
★毎日聞記事のダウンロード(PDF約0.1MB)

Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。

座長の武地が兵庫県主催の「すごいすと」に登録されました!

すごいすとWEB

 えびす座の座長の武地が、このたび兵庫県主催の「すごいすと」ページに登録されました~。
画面左側の「読む」を押すと、紹介ページが表示されます。
このページにある動画から下にスクロールしていくと、個々の紹介ページを見ることができます。どのような経緯で「人形芝居えびす座」を立ち上げて活動することになったのかが載っていますので、ご興味のある方はご一読ください。
※詳しくは、右の画像をクリック(タップ)すると、兵庫県の「すごいすと」ページにジャンプします。または、「こちら」からでもジャンプできます。

招福寄席の笑福亭喬介さんが毎日新聞に掲載されました!

毎日新聞記事

 毎月第4金曜に開催している「招福寄席」レギュラー出演の笑福亭喬介さんが、このたび毎日新聞に掲載されました。入門12年目を迎えて、「らしさ」全開で波に乗る喬介さん。師匠の笑福亭三喬さんから教わった古典落語を、いかに自分なりに工夫を加えるようになったのかの経緯などが紹介されています。この記事を読むと、招福寄席での噺もますます面白く感じられるかも。

★記事の内容は、右の画像をクリックするか、下記リンクからご参照ください。

 掲載記事

記事内容はこの下↓からダウンロードできます。
★毎日聞記事のダウンロード(PDF約0.3MB)

Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。

 人形芝居えびす座10周年が神戸新聞に掲載されました!

 阪神・淡路大震災後の地域復興に「えびすかき」を再興して10周年

神戸新聞記事

 西宮神社周辺には、室町時代から人形芝居をしながら全国を行脚し、えびす信仰を広めた「えびすかき」が住んでいました。その人形操りが淡路や大阪に伝わり、人形浄瑠璃や文楽へと発展しましたが、明治の初期には西宮から姿を消してしまったのです。その貴重な文化遺産に注目した西宮中央商店街振興組合の理事たちは、阪神・淡路大震災後の商店街の復興に「ふっくらとした潤いのあるまち・人形芝居のふるさと」を掲げ、2006年に自ら「人形芝居えびす座」を設立し、「えびすかき」を再興しました。今年(2016年)で10周年を迎えました。その活動は地域のみならず、日本全国、世界へと広がっています。

★記事の内容は、右の画像をクリックするか、下記リンクからご参照ください。

 掲載記事

記事内容はこの下↓からダウンロードできます。
★神戸新聞記事のダウンロード(PDF約0.5MB)

Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。

定期催し情報

 狂言、お花教室、および人形浄瑠璃「西宮戎舞」研究会が、下記のような日程で定期的に行われています。会場は、西宮神社(社務所2階大広間)です。これはご自由に見学することができます。また、ご希望の方は参加することもできますので、どうぞ気軽にご来場ください。
 

水曜(月3回)は狂言の日!

住吉神社能舞台での舞台

【大蔵流 善竹忠重氏指導】
月3回水曜日 13:30〜
月謝/4500円 ※年会費/1000円
大蔵流狂言師 善竹忠重氏による狂言の教室です。初めての方も多く参加されており、日本の伝統芸能を楽しく学び、演じられると好評です。最初は小舞で狂言の発声や足運びなどの基本を習い、それから狂言のさまざまな曲の稽古に入ります。年に3回、本格的な能舞台に立って演じることが可能です。あなたも能舞台で楽しく演じませんか!?
※写真は半年ごとに開催される「善竹忠門会」での様子です。

金曜日(第1・第3)は生け花の日!

くらしの生け花

【池坊正教授 藪崎真知子氏指導】
第1・第3金曜日
午前の部 10時〜12時
午後の部 14時〜17時
※稽古日程が変更される場合があります。
指導費用 1回1200円(材料費込み) 年会費:500円(大人のみ)
生徒募集(若干名)
 「くらしの生け花教室」の指導は池坊正教授の藪崎真知子さん。ふだんの暮らしの中に自然や花の美しさを感じる心を大切に、花との触れあいを楽しんでみましょう。
 
 

第1土曜は人形浄瑠璃「西宮戎舞」の日!

人形浄瑠璃「西宮戎舞」

【西宮戎舞研究会】
第1土曜日 14:00〜
年会費/3000円のみ ※新メンバーを随時募集しています。
 一体の人形を3人で操る人形浄瑠璃。淡路人形浄瑠璃から学び、演目「戎舞」を元に西宮の伝説を入れ込んだ「西宮戎舞」として演じています。太夫、太鼓、人形遣いなどチャレンジしてみませんか!「人形芝居のふるさとづくり」他、市内のイベントなどに参加しています。


定期催しの募集案内ができました!

定期催し募集案内

  戎座人形芝居館では、西宮神社(社務所2階大広間)を会場にして、狂言、生け花、および人形浄瑠璃「西宮戎舞」の一般稽古を、右のような內容で定期的に開催しています。見学は自由にでき、ご希望の方は参加することもできますので、どうぞ気軽にご来場ください。

★記事の内容は、右の画像をクリックするか、下記リンクからご参照ください。

 掲載記事

記事内容はこの下↓からダウンロードできます。
★定期催し募集案内のダウンロード(PDF約0.6MB)

Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。

西宮神社 招福の門前町をもっと知ろう!

門前町の戎参道を紹介します!

 西宮神社の門前町にある戎参道をここで紹介しています。また、戎参道のお土産として当館でも販売している「えびす福お面」煎餅のページもあります。
詳しくはこちらから。

戎参道のお土産って知ってる?

 戎参道のお土産と言えば「えびす福お面」煎餅!えびす様のおおらかなお顔をお面にした、参道の人気商品です。人形芝居を観た後でのおみやげにいかがですか?
詳しくはこちらから。

西宮神社「招福」の門前町を散歩してみませんか?

人形芝居のふるさと 招福 西宮神社の門前町

 阪神西宮駅南景観まちづくり協議会では、西宮神社(えべっさん)の門前町を紹介したマップ「西宮神社 招福の門前町」を西宮神社社務所にて無料配布しております!このマップ片手にえべっさんの門前町を散歩してみませんか?新しい発見があるかも…。



人形芝居のふるさと 招福 戎参道&その周辺

 
 阪神西宮駅南地区景観まちづくり協議会では、「人形芝居のふるさと 西宮神社 招福の門前町」を発刊しています。
 西宮神社で定期開催されている戎座人形芝居館の「伝統芸能・文化」の紹介記事をはじめ、門前町にある歴史探索ガイドなど、内容が盛り沢山!この冊子でえべっさんの門前町がますます面白くなることでしょう!
 

「人形芝居のふるさと 西宮神社 招福の門前町」のダウンロードはこちら

「人形芝居のふるさと 西宮神社 招福の門前町」は、この下↓からダウンロードできます。
★【「人形芝居のふるさと 西宮神社 招福の門前町 1頁】(PDF約1.7MB)
★【「人形芝居のふるさと 西宮神社 招福の門前町 2頁】(PDF約1.6MB)

around,Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。

a:103827 t:8 y:61